創作文章 獏の骨 

散文、詩、日常独白雑想

【散文詩】ああ音圧大戦争

 

 


観測地点アルファから見た現在、地球に溢れている信号変換音は元の音の100分の1くらいの質量だ、その音をいくら倍増しても元の声よりかはだいぶ薄い音に過ぎない、90年代後半から音圧大戦争が勃発し、この薄い音をいかに莫大な質量に見せかけるかという勝者無き負け戦が始まった、これは地球スパイス戦争と時を同じくして始まった大戦争のひとつである、興味深い事に地球スパイス戦争の本質も音圧大戦争と同じで、要は薄い質量のものをどれだけ刺激的にするかを競う争いであった…この勝者は鈍感な舌の持ち主である、敏感な舌の持ち主がたった一滴のタバスコに顔を歪めたのと同じ刺激を、鈍感舌の連中はタバスコ数十本をかけて感じるというだけの話である、脳に感じる刺激の量はその実同じというからくりに対して人々は『脳の中を見ることは不可能である、見えないものは信じることが出来ない、よって目に見えない現象は基本的に存在しない』等と猿のようなセリフを吐いて刺激と対峙する自分等を褒めたたえた、結果どうなったかというと人間という地球生物は加速度的に辛い物を追い求めるようになった、人々は自分たちは強くなったのだという錯覚に酔いしれていたがその実人間という種族の味覚は時間とともに鈍化しているだけなのだった、宇宙から見て不可思議だったのは音圧戦争に於いて信号変換音はその黎明期と比べると数十倍の強度を示すようになったが、スパイス戦争と異なり人工的に信号変換された音の質量自体はその実薄まっているという現象である、核爆弾…という実際の兵器があるがこれの登場によって人間はあっけなく遺伝子を破壊されるに至った…スパイス戦争や音圧大戦争はこの恐怖に抗おうとする種の本能の現れだろうか?私にはそう見える、音圧戦争を音圧大戦争と呼ぶのは圧縮された音というものの比率が元来の音色を超過するようになっている点だ、それは音色というよりも振動で、これを鼓膜に受け続けると鼓膜は鈍感になるどころかその場で傷ついて、個体としては使い物にならなくなる、人体にスペアのない事を彼らはまだ学習していないらしい、音圧大戦争勃発から振動という意味で強い音を聴いて育った哀れな地球生命体たち、かの被戦争世代は宇宙時間によるところの観測点アルファ2021地点に於いてこぞって自分の声音を機械信号変換音に圧縮して野放図にたれ流そうと躍起になっている、この思考回路こそがまさに音圧大戦争の弊害である、路傍に出て叫んだ方がずっと大きい質量であることを彼らは暗に知っているのだ、知っているからこそ自らの声音を信号変換音に圧縮変換するのである、何故?誰も傷つけたくないからである…音という圧を受けて育ったがための暴力回避行動なのである…ああ音圧大戦争、音圧大戦争、この暴力回避行動が我ら宇宙時間によるところのベータ8000地点に於いて、彼ら自身から全ての暴力衝動、個としての強さ…音と味覚と、自発的意見を奪い、脳裏の思考イメージのみを特化させた挙句存在の疑問に突き当り、それがために全死滅に至ろうとは…今の彼らには想像もつくまい、いくつもの知的生命体が同じ疑問にぶち当たり、暴力回避行動として自らをスパイスや音圧に曝しまたそれを作り出すという営みが、いくつの種を滅ぼす結果に至ったか、このアルファ地点からの彼らには想像もつくまい…。